千葉の葬儀に行く際の装飾品マナーについてあらかじめ学んでおこう

千葉の葬儀マナーもさまざまありますが、少し悩むのが身に着けるものです。

喪服の準備はしたものの、靴、バッグ、時計、指輪などは普段の時のままというのは考え物です。

時計に関しては多くの人が気を抜いてしまいがちなアイテムとして要注意です。

日頃から金色の目立つ時計をしている人は、はずして出かけましょう。

ピカピカした時計、高額であることが一目でわかるようなダイヤモンドがついたものなどは、葬儀の場にはふさわしくありません。

同様に、カジュアルなダイバーズウォッチなど、色やデザインが派手なものもはずして参列する方が無難です。

遊び心のあるデザインウォッチは日頃買い物などに出かける時に身に着けるものです。

千葉の葬儀に着けて行ってはいけない時計のルールがあるわけではありません。

喪服にあったシンプルなデザインのものを心がけることがマナーです。

気づかずに式場の近くまで来てしまったら、はずしてバッグやポケットにしまうという心遣いも必要でしょう。

同様に、指輪やネックレスといった装飾品も、基本的にはしないのが原則とされています。

例外はシンプルな結婚指輪、パールの一連ネックレス、一粒ピアスやイヤリング程度です。

パールは冠婚葬祭の全てに使うことができますが、シンプルなタイプのものに限定し、じゃらじゃらと身に付けるのはふさわしくありません。

結婚指輪もダイヤモンドがたくさんついたキラキラしたタイプは、外せないなら手のひら側にダイヤのついた部分をまわすなどして、葬儀の場で悪目立ちしないよう、静かにお悔みの気持ちを表して参列するよう心がけましょう。

《Check!》=>千葉県での葬儀なら【博全社】