葬儀のあいさつをする際に注意したいこと

葬儀に参列した場合、多くの人が集まる場所であいさつをする機会も多くなります。

千葉の葬儀でも他の地域と同様に、席では使ってはいけない言葉というものがあります。

忌み言葉とされるもので、死や病気が繰り返されることが連想される言葉を使わずに、他の言葉にかえて話をするのがルールです。

繰り返しそのものを意味する言葉として、再度、再三、再び、続いて、二度三度などの言葉を挨拶やスピーチの中に盛り込むのは失礼になるので気をつけましょう。

また、繰り返しを連想させる言葉として、またまた、重ね重ね、しばしば、つねづね、返す返す、つくづくといった言葉を使わないようにします。

日頃は強調するために重ねて使われるこうした言葉ですが、スピーチなどで皆々様などと言わないように、あらかじめ話す内容を書きだしてから、言葉をチェックしておくといいでしょう。

千葉でも他の地域と同様に、葬儀に参列する弔問客は受付で挨拶をすることが多いでしょう。

ご家族に短く言葉をかけることもあるかもしれません。

忙しい中ですから簡潔に「このたびはご愁傷様でした」と頭を下げるのが良いでしょう。

▼Pickupリンク⇒葬儀・告別式・弔問においてのマナーで一番大切なこととは? – LAURIER

遺族代表として喪主からの挨拶のスピーチを行う機会も多くなります。

通夜の御礼、挨拶、葬儀での喪主の挨拶、精進落としの際の挨拶、僧侶や宗教者に対してお布施や謝礼を渡す時にも挨拶の言葉を考えておきます。

喪主の挨拶の内容は簡潔に言えば葬儀に足を運んでくださった弔問客の方への感謝の気持ちを述べることと、生前の故人に変わってご厚情を感謝するということに尽きます。