葬儀の受付の仕事内容はどんなものか

葬儀の受付のお手伝いは、急に頼まれることがあってもあわてずに対応ができるように、あらかじめ手順を知っておくと便利です。

葬儀の受付は、葬儀に参列する際に一番最初に足を運ぶところです。

香典を預け住所や名前を記入する場所でもあり、てきぱきと流れを止めないように対応する必要があります。

千葉でも葬儀の規模によっては多くの弔問客が足を運びます。

葬儀の印象を決める場所にもなりますから、気を抜くことができません。

対応に失礼があってはいけませんし、香典などの受け取りにも注意が必要です。

あちこちに気を配るポイントがあり、長時間立ったままの仕事になり大変なことが多いです。

たくさんの人に応対をするため、ちょっとした勘違いや確認ミスをすることもありえます。

失礼にあたらないよう、後で問題にならないように、丁寧に受付をしたいところです。

千葉で葬儀の受付を引き受けたら、最初に会場の位置関係を把握しましょう。

エレベーターの場所、お手洗いの場所などを確認しておけば、場所を訊ねられても説明ができます。

また、式の流れも確認しておきたいところです。

質問されてある程度答えられるように、手元に式場内の案内図なども準備しましょう。

芳名帳、黒いボールペンや筆ペンなどの筆記用具、香典受け、名刺受けをテーブルに準備します。

芳名帳は名前欄の上の部分に数字を書いていきます。

会葬御礼品は個別に紙袋に入れた状態で受付でお名前を記入していただけた方に順にお配りします。

香典を受け取ったら芳名帳の名前の上にある番号をあわせて、不祝儀袋の方にも番号を書いておくようにすると、あとで香典の金額合わせなどで戸惑うことがなく便利です。