千葉での葬儀日程の決め方

千葉での葬儀の日程の取り決めは、あわただしい中決定するというだけでなく、火葬場の状況などに大きく左右されるものです。

大切な家族を亡くして途方に暮れている中、速やかに葬儀の日程が決定しない可能性もあります。

法律では、人が亡くなったからといってすぐに火葬することはできません。

死後24時間を経過して初めて火葬が行えることになっています。

通夜は火葬を行う前日に行なうわけですから、火葬場の混雑状況で逆算することになります。

また、宗旨・宗派によって宗教者の都合やスケジュールの確認も必要になるでしょう。

通夜を葬儀前日の夕方から始める場合、通夜自体は1時間くらいの長さで行われ、その後通夜振る舞いに移ります。

●葬儀を執り行う際に→【URL:http://www.yomiuri.co.jp/komachi/special/feature/CO022131/20160425-OYT8T50105.html

通夜振る舞いは1時間ほどで終わります。

翌日の葬儀は午前10時前後から行われ、30分程度で出棺になります。

火葬場へ移動し精進落としを行い、その後の収骨まで、2,3時間はかかるでしょう。

病院で亡くなられた場合、病院から自宅へ搬送して安置することになります。

葬儀の式場が決まり日付がはっきりするまでの安置ということになります。

住宅事情によって、また火葬場との関係で予約が取れない場合は設備の関係で安置場所が必要なケースも出てきます。

千葉県は一部を除きほとんどのエリアに公営斎場があります。

また、その全てが公営火葬場の併設された斎場になっています。

とはいえ千葉の公営斎場も正月の三が日と友引にはお休みになり、その前後には混雑が予想されます。

早い段階で葬儀会社などの事前相談を受けておくメリットは、こうした急な手続きに戸惑うことなく、心静かにお見送りができるということが大きいです。